MENU

効果的な薄毛治療薬の使い方

薄毛治療に効果的なのは、専門的なクリニックに通って薬を処方してもらうことです。

 

日本皮膚科学会では、医薬部外品や化粧品に含まれる育毛成分のほとんどが、薄毛治療に有効だという根拠がない姿勢を示しているので、医学的に証明された病院の薬が安心です。

 

外用薬のミノキシジルは、
4ヶ月後には80%の人が薄毛を改善したデータがあります。

 

1年間も継続すれば97.8%の人が治療に成功しています。ミノキシジルは早い人は1ヶ月後から改善の兆しが見えます。ミノキシジルによる副作用は利用者の10%以下に現れ、頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎による痒みが主です。

 

国内では販売されていない個人輸入を通して入手するミノキシジルタブレットは、外用薬と比べると副作用が強くなります。ミノキシジルタブレットは性欲を減退させてEDを発症させる危険性があります。

 

内服薬は頭皮に作用するだけでなく、血液と一緒に全身に運ばれることで男性機能にも影響を与えます。利用者の5%以下が経験していますが、公表されない人を含めると数は多いと考えられています。

 

 

薄毛治療薬としてもう一つ代表的なものが、プロペシアです。

 

プロペシアは薄毛を進行させるジヒドロテストステロンの生成を防ぐ効果があり、抜け毛が減るので髪の毛のボリュームが戻ります。ミノキシジルが血行を促進させることで育毛効果を得られるので、二つの薬を併用することが多いです。

 

プロペシアにも副作用として性欲の減退があるので、子供をもうけたい家庭では比較的重い副作用です。ただしプロペシアは男性ホルモンに直接作用する成分を含んではいません。

 

病院ではこれらに副作用に関してきちんとした説明を受けられるので、患者のライフスタイルによって治療法をより適切なものに変えます。